応援お願いします!

主婦・お小遣い稼ぎランキング

 

アフィリエイトで稼いでいる多くの人は、ある法則を利用して、記事を書いています。

  • QUESTの法則
  • AIDMAの法則
  • PREPの法則
  • PASONAの法則

は、アフィリエイトを始める上では、基礎中の基礎。

 

アフィリエイトをするなら、理解しておく必要があります。

 

今回は、おとままも良く応用しているAIDMAの法則をご紹介します。

 

コピーライティングとは?

まずコピーライティングとは、何か?

 

コピーライティングとは「商品を購入してもらうための文章力」のことです。

 

アフィリエイトをやる上で、もっとも重要なスキル

 

アフィリエイトとは、文章だけで商品を紹介をして、購入してもらうお仕事です。

 

対面販売なら、説明をしなくても購入者が商品を手に取って、商品の良さを確認出来ます。

 

気になる事があれば、店員さんに質問も出来る。

 

疑問が解決して、商品が気に入れば購入していただけるのです。

 

しかし、アフィリエイトは、文章力だけで購入に繋げなければなりません。

 

購入希望者が商品を手に取ってみることも、疑問に思ったことを直接聞くこともない。

 

数ある紹介ページから、あなたの記事ページを見つけてもらい、あなたのページから購入していただく。

 

あなたは、選んでいただかないといけないのです。

 

そのためのスキル。

 

それがコピーライティングです。

 

アフィリエイトで収益を上げるには、あなたの文章力・商品紹介ページに引き込まれ、最終的に行動(購入)に駆り立てるような構成に仕上げていくことが必須となります。

 

AIDMAの法則とは?

アフィリエイトをする際に、文章だけで購入までの導線を作り、成約にまで繋げるには、消費者の心理を知ることが必要不可欠です。

 

「AIDMAの法則」では、消費者が商品を知ってから、購入に至るまでには段階があることを示しています。

 

AIDMAの法則は、5つの要素に分かれています。

  1. Attention(注意)
  2. Interest(関心)
  3. Desire(欲求)
  4. Memory(記憶)
  5. Action(行動)

 

以上の頭文字を取って、「AIDMAの法則」と呼ばれています。

 

AIDMAの5つの要素は、3段階に分類されます。

  1. 認知段階⇒Attention(注意)
  2. 感情段階⇒Interest(関心)、Desire(欲求)、Memory(記憶)
  3. 行動段階⇒Action(行動)

 

1.認知段階⇒Attention(注意)

商品や製品のことを知る段階。
人から聞く。CMや広告を見る。テレビや雑誌で紹介されていた。

2.感情段階⇒Interest(関心)、Desire(欲求)、Memory(記憶)

商品を魅力に感じ、使ってみたいと思うなど、気持ちを判断する段階。
興味・関心を持ち、欲しいと思えば、その記憶は心の中に残る。

3.行動段階⇒Action(行動)

消費者が購買行動を取る段階。

 

AIDMAの法則は、上記3つの段階を経て、消費者は購買行動を取るとされています。

 

では、5つの要素を詳しく見てみましょう。

 

1Attention(注意)

まずは、Attention(注意)です。

 

Attention(注意)とは、商品・商材を読者(ターゲット)に知ってもらうことです。

 

まだ商品を知らない方に、商品を紹介して、より多くの人に知ってもらう。

 

アフィリエイトの場合、ターゲットが検索しそうなキーワードで、記事を書くことがとても重要です。

 

ここでは、私のオススメの本をご紹介してみます♪

 

具体例:

あなたがアフィリエイトで稼ぎたいのなら、コピーライティングをまず勉強して欲しいです。

今回は、多くのアフィリエイターが熟読した、『現代広告の心理技術101』をご紹介します。

 

まずは、商品を知ってもらいます。

 

 

アフィリエイト初心者の場合は、あなたのブログを知ってもらうことも、Attention(注意)です。

 

Facebookやtwitter、無料ブログやYoutubeや、収益が上がってくれば、PPC広告などを効率的に使って、まずは、あなたのブログの存在を知ってもらう努力をしましょう。

 

2Interest(関心)

 

次は、Interest (関心)です。

 

先ほどのAttention(注意)で、商品は知ってもらえました。

 

ただ、それは知ってもらっただけです。

 

次は商品・商材に興味を持ってもらう。

 

人は、

「なぜ??」

「面白そう♡」

「役に立ちそう!!」

と、思ったら、その欲求を簡単に止めることはできません。

 

その感情を利用して、「こんな商品があるんだな」とまずは興味を持たせる。

 

その商品がとても良い物であれば、特徴を紹介しただけで売れるでしょう。

 

まずは、商品の特徴やアピールポイントを紹介しましょう。

 

具体例:

主婦の私がアフィリエイトで稼ぎたいと思っても、簡単には無理です。

国語の成績は3だったし…。

  • どうすれば、魅力的な記事が書けるのか?
  • どうすれば、人は心を動かすのか?
  • どうすれば、購買行動を起こすのか?
  • どうすれば、稼げるのか?

と、悩みました。

 

そこで、あるアフィリエイターが紹介していた一冊の本に目が留まりました。

そこには、

  • 相手の頭の中に入る消費者心理の17原則
  • 買わずにいられなくする41のテクニック
  • レスポンスを急増させる101の簡単な方法

と、書かれてありました。

 

Interest (関心)では、ターゲットに、より興味・関心を持ってもらうことが必要です。

 

3Desire(欲求)

 

次に、Desire (欲求)です。

 

Desire (欲求)とは、商品の使用例、活用例、応用例などを紹介し、読者の購買意欲を高めます。

 

商品の特徴を紹介したあとは、実際の使用方法や使用してみた感想などを記事にします。

 

物販なら、使用前⇒使用後の画像を載せてみるなど、

「使用してみたら、こんなに変わりました!」とアピールします。

 

そうすると読者は「こんなに違うの?!」と、

自分の現状の悩みや問題を、「これなら解決してくれるかも!!」

さらに購買欲求が増加するのです。

 

情報商材アフィリエイトも、売るものは「情報」なだけで、読者の悩みや問題を、解決できる方法を提案してあげることが重要です。

 

具体例:

私が購入したのは、『現代広告の心理技術101』という本です。

この本を読んだことで、

  • 読者を満足させる方法
  • 多くの人に買いたいと思わせるコツ
  • 多くの人に満足感をもたらす秘訣

を、知ることが出来ました。

私がアフィリエイトで稼げるようになった、アイテムのひとつです♡

 

『現代広告の心理技術101』は、中古本でも高値で取引されるくらい、人気の本です。

 

Desire (欲求)では具体的に、ターゲットが迷っていること、悩んでいることを先回りして、改善策を提示します。

 

物販アフィリエイトでも、情報商材アフィリエイトも、誰かのために記事を書くことが大切です。

 

4Memory(記憶)

 

次は、Memory (記憶)です。

 

Memory (記憶)とは、記憶の呼び起こしです。

 

ネットで検索して訪問するターゲットは、基本的には、その場ですぐに購入までには至りません。

 

あなたもネットで検索して、検索上位からいくつか記事をみて、また違うキーワードで検索しませんか?

 

アフィリエイトの場合、検索上位を目指すのは当然ですが、特定のキーワードを使って記事を書くというのも効果的です。

 

例えば、化粧品やサプリをアフィリエイトする場合、ターゲットが「ニキビ」が気になる人だとします。

 

ターゲットが検索するキーワードは、

「ニキビ 改善 方法」

「ニキビ 治らない 薬」

「ニキビ オススメ 化粧品」

など、複数キーワードで検索します。

 

あなたも気になることがあれば、複数のキーワードを使って、何度も検索しませんか?

 

そのターゲットの行動を先読みして、複数のキーワードで記事を書く。

 

アフィリエイト(紹介)する商品は、全て同じです。

 

そうすることで、ターゲットがまた同じ商品を目にする。

 

ターゲットの記憶に、少しでも残すということが大切です。

 

また関連記事やカテゴリーに、同じキーワードで記事を入れてあげるのも効果的です。

 

他サイトを見る前に、自ブログ内で、ターゲットの悩みや問題を解決できるように心がけることが、アフィリエイトには重要です。

 

具体例:

コピーライティングを学ぶには、『現代広告の心理技術101』が、いいって言ってたな。

メルカリでも、高値で取引されているってことは、それだけ価値がある本なんだな。

 

この記事を読んだあなたも、『現代広告の心理技術101』が、記憶に残ったのではないでしょうか?

 

5Action(行動)

 

最後に、Action (行動)です。

 

Action (行動)とは、最後の一押しです。

 

人は「気になる」「欲しい」と思っても、お金を出すことに躊躇します。

 

ここで一押し!購入する理由を作ってあげます。

 

「今なら」「ここなら」「あなただけ♡」「特別に」

と、特別感を演出します。

 

具体例:

『現代広告の心理技術101』をこちらから購入いただくと、今だけ、下記価格で購入可能です!

キャンペーン期間:2018年12月31日まで。

販売価格通常3,700円(税抜)1,980円(税抜)

販売条件:90日間返金保証

送  料:無料

ご購入は>>>こちら

 

最後の一押しがないと、説明だけして、ブログから離脱します。

 

最後の一押しをしてあげることで、あなたから購入する理由が出来るのです。

AIDMAの法則|まとめ

 

人が何かを購入する時に、購買行動モデルというものが存在します。

 

ターゲットの行動を理解することで、購入に繋げることができる。

 

AIDMAの法則」では、お金を払ってまで欲しくさせるための心を変化を、的確に捉えているのです。

 

稼いでいる人には、理由がある。

 

下記法則も、ぜひ参考にしてください。

 

 

今回も、最後までお読み頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

おすすめの記事