今回はこのブログでも利用している、プラグイン『PS Auto Sitemap』を使って、サイトマップの実装方法をご紹介します。

 

私のブログのサイトマップはこちらです↓↓↓

PS Auto Sitemap でサイトマップを実装する方法

インストール方法

まずはWordPress管理画面検索して、プラグインでインストールします。

  1. WordPress管理画面 ⇒ プラグイン ⇒ 新規追加 ⇒『PS Auto Sitemap』で検索。「今すぐインストール」をクリックします。
  2. WordPress.org からダウンロードも可能です。

インストールが出来たら、有効化します。

 

 

 

 

 

 

 

基本設定

固定ページの設定

まず、

ダッシュボードの①設定⇒②『PS Auto Sitemap』と進みます。

設定ページ下部にあるコードを、コピーしておきます。

 

次に、

固定ページから新規追加で『サイトマップ』ページを作成します。

ダッシュボードの固定ページの

  1. 新規追加から固定ページを作成します。
  2. タイトル『サイトマップ』と入力します。
  3. テキストページに切り替えるます。
  4. 先ほどコピーした、コードを貼り付けます
  5. パーマリンクを編集します。
  6. ページ上部のリンク内にある『post=〇〇〇』の『〇〇〇』の数字をメモしておきます。
  7. 更新をクリックします。

 

PS Auto Sitemap内の設定

固定ページの設定が終わったら、『PS Auto Sitemap』内の設定をします。

 

ダッシュボード①設定⇒②PS Auto Sitemap をクリックします。

設定画面の初期画面は、下記のようになっています。

私の設定は、

  1. ホームページの出力のチェックを外します。
  2. サイトマップを表示する記事を指定します。ここでは、先ほどコピーした『post=〇〇〇』の『〇〇〇』部分の数字を入力します。
  3. スタイルの変更を指定します。私は『矢印』にしています。
  4. 設定が終わったら、『変更を保存』をクリックして、終了です。

これで設定は完了です。

最後にトップページに戻り、サイトマップが自動作成出来ているか確認しましょう。

 

完成しました!!

 

階層を表示させるには

階層とは、下記ように「ページ」を細かく振り分けることを言います。

 

出力階層制限には、

「制限なし」と「第1階層」〜「第10階層」までの10段階ありますが、私は制限なし」を選択しています。「制限なし」を選択すると、全てのページが表示されるようになります。

 

階層を指定する

 

 

固定ページや投稿ページを作成する際に、上記部分のカテゴリーを指定します。

新しいカテゴリーを利用したい場合には、『+新規カテゴリーを追加』からカテゴリーを追加することも可能です。

おすすめの記事