今回はこの記事でも利用しているプラグイン「Table of Contents Plus」を使って、目次の自動生成方法をご紹介します。

 

ちなみに、こちらです↓↓↓

「Table of Contents Plus」で目次を生成する方法

インストール方法

まずはWordPress管理画面検索して、プラグインでインストールします。

  1. WordPress管理画面 ⇒ プラグイン ⇒ 新規追加 ⇒「Table of Contents Plus」で検索。「今すぐインストール」をクリックします。
  2. WordPress.org からダウンロードも可能です。

 

 

基本設定

まずは、

  • 目次の表示位置(場所)
  • 目次の表示条件
  • 投稿タイプ
  • 目次のタイトル

を選択します。

 

 

次にデザインを選択します。

 

 

私は『水色』を選択しています。

全て選択出来たら、『設定を更新』をクリックして終了です。

 

 

上級者向け設定

画面下部にある「上級者向け」の設定項目は、
初心者は変更せず、上記項目のみ設定すれば、
目次の利用は可能です。

目次に表示させたくない見出しレベルは、
「見出しレベル」で
チェックを外して非表示にすればOKです。

 

 

下部にある『設定を更新』をクリックしたら、終了です。

 

サイトマップ

今回のプラグインにはサイトマップも利用可能です。

 

しかし、サイトマップは『PS Auto Sitemap』というプラグインがおススメです。

 

おとままはのサイトマップは『PS Auto Sitemap』を利用しています。

 

『Table of Contents Plus』のサイトマップ機能を利用しない場合は、この画面の設定を変更する必要はありません。

 

 

 

 




おとまま無料メルマガ講座
お名前 必須
メールアドレス 必須

 

おすすめの記事