サーチコンソールにサイトマップを追加したところ、「サイトマップが HTML ページです。サポートされている形式のサイトマップを使用してください。」とエラーメッセージが出たらどうすればいいのか?

 

サーチコンソールは、XML形式がサポートされています。

 

今回はXML形式が利用できるプラグイン「Google XML Sitemaps」の設定方法とサーチコンソールの設定方法をご案内します。

 

サイトマップとは

まずサイトマップには、

  • HTMLサイトマップ(人間用)
  • XMLサイトマップ(ロボット用)

の2種類あるのはご存知ですか?

 

HTMLサイトマップ(人間用)とは?

 

HTMLサイトマップ(人間用)は、ブログに訪問してくれた読者が記事を探すために、ブログ内の記事を一覧できる機能です。

 

ちなみに、コレ↓です。

 

人間用のサイトマップは、ブログに訪問してくれた方が、どこに何が書いてあるのか、ブログ記事が一覧でわかりやすくなることで、ブログ内を回遊して、長く滞在してくれる効果があります。

 

私のサイトマップは「PS Auto Sitemap」というプラグインを使用してます。

詳しくは>>>こちら

 

XMLサイトマップ(ロボット用)とは?

 

XMLサイトマップ(ロボット用)とは、記事を書いたことを、googleの検索エンジンが巡回した際に、通知してくれる機能です。

 

どこに何が書いてあるのかすぐ見つけてくれると、インディックスされやすい効果があります。

 

プラグイン「Google XML Sitemaps」を使って、簡単に設定可能です。

 

 

Google XML Sitemaps」の設定方法

インストール方法

まずはWordPress管理画面検索して、プラグインでインストールします。

  1. WordPress管理画面 ⇒ プラグイン ⇒ 新規追加 ⇒『Google XML Sitemaps』で検索。「今すぐインストール」をクリックして、有効化します。
  2. WordPress.org からダウンロードも可能です。

 

次に、WordPress管理画面の「設定」⇒「XML Sitemaps」とクリックします。

 

 

設定変更

 

ここでは、設定変更が必要な場所のみご案内します。

 

投稿の優先順位

投稿の優先順位では、デフォルトが「コメント数」になっています。

ここでは「コメント数」⇒「優先順位を自動的に計算しない」へ変更します。

 

 

Sitemapコンテンツ

Sitemapコンテンツは、検索エンジンにインデックスして欲しいページを選びます

  • ホームページ
  • 投稿
  • 固定ページ

ここまでがデフォルトですが、カテゴリーページまではチェックを入れておきましょう。

 

 

優先順位の設定

優先順位の設定では、ブログ内の相対的な優先順位を指定するものです。
私はホームページ、投稿ページの値を「1.0」、固定ページは基本的にグローバルメニューしかないので「0.6」、カテゴリー別は「0.3」としています。

 

アーカイブ、タグ、投稿者ページはインデックスされなくていいので「0.0」にしています。

 

設定が終われば、「設定を更新」をクリックします。

 

 

URLを確認

WordPress管理画面の設定から「XML-Sitemap」を開き、下図のようにサイトマップのインデックスファイルのURLが表示されている部分を見つけます。

 

このURLをサーチコンソールの「サイトマップの追加/テスト」に入力します。

 

サーチコンソールの設定

サーチコンソール(Search Consol)にアクセスします。

 

上記ボタンからアクセス可能です。

※Googleアカウントログインが必要です。

 

次に「サイトマップの追加/テスト」をクリックします。

 

 

先ほどのURLの「sitemap.xml」部分のみを入力して、送信をクリックします。

 

 

サーチコンソールへサイトマップを追加出来たら、下図のようになります。

 

 

送信すぐは「保留」となっていますが、問題なければ1時間程度で追加は完了します!

 

 

今回も、最後までお読み頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 





おとまま無料メルマガ講座
お名前 必須
メールアドレス 必須

 

 

おすすめの記事